So-net無料ブログ作成
検索選択

トンマッコルへようこそ [映画]

ひさびさ映画を観にいってきました。「トンマッコルへようこそ」という韓国映画です。ワタクシ劇場で韓国映画を観るのは初めてだったのでちょっと緊張したりなんかしていました(笑)。

物語は、朝鮮戦争の最中にトンマッコル“子供のような純粋な”という意味の戦争を知らない村に、飛行機で偵察中に不時着したアメリカ兵、部隊から逃げ出してきた韓国軍の2人、連合軍の襲撃から命からがら生き延びてきた人民軍(北朝鮮)の兵士3人が何かに引き寄せられるようにこの村にたどり着きます。

敵対している者が村ではちあわせたものだからさあ大変。村人を挟んで銃を突きつけあいにらみ合いがはじまります。、争いごとを知らない村人たちは銃を突きつけられてもマイペースで、猪が畑を荒らしているのが心配でどうやって追っ払おうかと話し合いが始めたり、トイレに行きたいと家に帰ったりとみんないなくなり、とうとう兵士だけのにらみ合いに。そしてにらみ合うこと一昼夜(たぶん)、人民軍の少年兵が手にする手榴弾のピンを「指輪だ!」っと村の少女ヨイル(すんごく不思議ちゃんです)が抜いてしまい大慌て足元に転がりますが不発弾だったようで、韓国兵が拾い上げ捨てちゃいます。すると穀物倉庫が大爆発し中にあったとうもろこしがポップコーンとなって雪のように降り注ぎます。村人たちは大喜びしますが穀物倉庫にはこの冬を越す食べのが入っていたのです。

 責任を感じた人民軍の仕官が“収穫を手伝う”と申し出でて韓国軍の兵士たちも次第に手伝いだし、いままで敵同士だった者たちが少しづつお互いの事を理解していきます。そんな中、連合軍は米軍パイロットは敵の襲撃に合い撃墜されたと思い込み、人民軍の拠点がトンマッコルにあると思い込み爆撃を計画します。

その当時、“朝鮮戦争”を知らない朝鮮半島の村なんてありえないとは思うんですが、なんだかすごく信じてしまえるような不思議な魅力のある映画でした。ファンタジーの形はとっているんですがすごく骨太な反戦映画、そして南北朝鮮の融合を願った素晴らしい作品だとワタクシは感じました。この作品もともとは舞台劇だそうで、いつか舞台版もみてみたいなぁ。僕の好きな映画、結構舞台作品を映画にしたもの多いかも!!「今を生きる」もそうだし「ドライビングミスデイジー」そして「海の上のピアニスト」も。

  


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フラガール [映画]

やはり、連休だと自宅でじっとしていられずに映画を見に行っちゃいました。遅ればせながら「フラガール」に行ったんですが、いつものシネコンではなく錦糸町のビルの中にある映画館です。なので、指定席ではなく自由席で次の回が始まるまでロビーの入り口付近で待つと言う感じです。なので、ラスト10分くらいの場内の音が聞こえてきて、凄く想像力をかき立てられます(やっぱり昔ながらの映画館ってステキ)。しかも、平日のお昼と言うのに100人くらいはお客さん入っていたかな?封切りから1ヶ月経っているのこれって凄くないですか?

まだ、上映中ですの中身は割愛しますが、本当に簡単に書くとスパリーゾートハワイアンズ(ワタクシの世代だと『常磐ハワイアンセンター』の方がしっくりい来る?)が出来上がるまでの物語ってことになるんですが、号泣したわけではないのですが、ワタクシ泣いてしまいました。何が良いかって、しずちゃん凄く良いです。それとワタクシ基本的に一所懸命に頑張っている人の物語って弱くて、も~涙腺緩んじゃうのです。それと、ジェイク・シマブクロのウクレレがまたいいのです。

なんかね、見終わった後に凄く嬉しかったのが、お客さんが口々に「面白かったよね」「良かったよね」と口々に話してらっしゃるお客さんの姿。ここ最近映画を観に行っても無言で出て行く人の方が多かったので、制作サイドでもないのになんかにんまりしちゃいました。

 まだしばらくは上映が続くようなのでもう一度見に行ってみようかな

  

      パンフもオシャレです。      少しだけ中身の写真です。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画な日々 [映画]

 連休最終日、今日も映画を見に行ってきました。でも、出かけるまですんごい悩みましたよ。今回見に行った映画も今月の27日までの上映で、しかも18時20分の上映しかない!!ひょっとすると今日は日本シリーズの決着がつくかもなのでそれも見たかったんです。でもまぁ家に帰るまでには胴上げには間に合うと踏んで、見に行って来ました。結果的には大正解でした。で、いつものショッピングモール内にある映画館へ。その前に腹ごしらえ、フードコートにある神戸焼きそば屋さんで「ぼっかけ焼きそば温玉乗せ」をいただきました。

 今回見に行ったのは「夜のピクニック」。恩田陸の同名小説の映画化で原作は買っていたんですが、まだ読んでいませんでした。今回はそれが吉に出たような気がしますが、おそらく原作を読んでいても楽しめたんじゃないかな?映画のキャッチコピーじゃないですが“みんなで夜歩く。只それだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう”と言うように高校生たちが一昼夜かけて80キロを歩くだけの学校行事の中で起きるエピソードを描いた作品です。

 主人公2人の複雑な関係を二人に絡んだエピソ-ドを中心に物語は進行していきます。この種の作品どうしても、他のキャラクターのエピソードも膨らませすぎて、作品の印象が散漫になる事が多いんですが、そういう脱線もなく淡々と本当にその二人のもどかしくも切ない関係が描かれていきます。何が良いかってその主人公の友人達が凄くあったかいんです。ちなみにワタクシは同級生約を演じた貫地谷しほりの演技とても良い味が出ていました。アニメや音楽も効果的に使われていてとてもステキな作品だと思います。

 特別なドラマもなく、いまはやりの思いっきり泣ける映画でも無く、凄く感動する訳でもないんですが、いろんな方に見てもらいたい映画です。上映は終わりますが是非DVDや原作を読んで欲しいですね。

 帰りは彼らほどの距離ではないですが、あまり星の見えない空を見上げながら歩いて帰ったワタクシなのでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

卵が先か?鶏が先か? [映画]

 お昼前くらいから天候も良くなったので、以前ここでも書いた亀有のショッピングモールにもうすぐ上映が終わる映画と、はじまったばかりの映画を観てきました。

 もうすぐ終わる映画は「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」です。ウルトラシリーズ40周年と言う事でなかなか力の入った作品でした。お話し自体は単純なものなんですが、ある意味お父さんが唯一子供を誘って行ける映画かもしれません。ちなみに、もう上映が終わる間じかでしたのでお客さんは非常に少なく、幼稚園くらいのお子さんを連れた方が2組と、僕より年上のカップル1組&ワタクシでした(みんな連れがいるのね(泣))。でも、大人が観ても楽しめるくらいストーリーも特撮もなかなかのものでした。

 はじまったばかりの映画は「地下鉄(メトロ)に乗って」。現代を生きるサラリーマン(堤真一)が、過去にタイムスリップして反目していた父親の若い頃に出会い・・・。簡単に書くとこんなストーリーかな?その、タイムスリップするツールと言うのが地下鉄なのです。

 浅田次郎原作の同名小説の映画化です。ワタクシ、原作をちょっと前に読んだところだったので、「映画と原作は別物」と割り切って行ったつもりですが、それでもやはり頭の中で原作が邪魔をする格好になってしまって集中できませんでした。おそらく、原作を読まずに映画から入っていれば全然問題なくいい映画なんだと思いますが、先に原作を読んでしまうと、「あのエピソード何故抜けているの??」とか「ここが違うじゃん」となってしまうのです。限られた時間内で収めないといけないので原作をそのまま脚本に出来ないのは十分わかっているんですが、どうしても、原作を先に読んでいると、自分の頭の中で想像上の映画作品として出来上がってしまっていいて勝手なイメージが出来上がってしまっているので・・・。

 でも、以前に見た「笑うミカエル」なんぞに比べると、全然良いんですが、なのでワタクシに中では「可も無く不可も無く」と言ったところでしょうか(原作先に読まないほうがいいのかなぁ・・・)。昭和40年代の街や終戦直後の闇市のセットなんかは自分が体験していない頃の物なので凄く良く出来ていたと思うし、何より生活臭がするようで本当に人が住んでいるように感じました。

ただし、不満があるとすれば「常盤貴子ってあそこまで演技下手だったかしら?」ってくらし作品の中で浮いておりました。決して嫌いな女優さんではないんですが、今回に限りなぜかこのキャストじゃないなと感じてしまいました。

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

がっかり [映画]

今日、前から見たいと思っていた映画を見に行ってきました。いつまで上映なんだろうと調べたら今月の18日まで。しかも、時間を調べたら朝10時からと夜8時半からの2回しか上映が・・・。起きた時点でとうに1回目の上映時間は過ぎていたし、2回目の上映時間が遅かったのでちょっと悩んだのですが、翌日職場への入り時間が遅いので「まぁいいかと」という事で、池袋シネルーブルに行って参りました。
 
 観に行ったのは「笑うミカエル」という川原泉原作の少女漫画を映像化した作品です。キャストもスイングガールズの上野樹里が出ていてすんごく期待していたんですが・・・。ワタクシ、川原泉さんの作品はほとんど読んでおりまして。何がいいかって展開や設定が少女漫画らしくない(笑)。食べ物に執着する人々や田舎の高校野球部のお話し、フィギアスケートのお話しなどなど。もちろん、絵は少女漫画なんですが、あまりスポーツに興味の無い人にもルール解説を解りやすく書いてくれたり(スケートの採点方法この人の作品で初めて知りました)してくれていて、しかもスポ根ものではけしてない(笑)。どちらかというと、のほほんほんわか漫画なんです。

 まぁ、漫画が原作だから期待していったら痛い目にあうから「映画は映画ということで」と言い聞かせてから観たんですが。酷いあまりのも酷い(汗)。どこがどうといわれたら、もー全部!と言ってしまいそうな出来でした(ワタクシの中では)。逆に映画だから何でもあり状態になっていて「そこまで演出するなら全部アニメの方が良かったのでは」と思っちゃうくらいでした。CGとか使って面白い映像ではあるんですがほんと脚本がって感じです。物語は超お嬢様学校に超庶民の女の子が3人入って巻き起こす騒動って感じなんですが、上野樹里を含み主人公3人の描かれ方に庶民らしさが感じることが出来なくて、お嬢様たちとのギャップを感じることが出来ず笑えないし・・・。

 監督自身はこの原作が好きらしいんですが、好きすぎていろいろやりすぎちゃったかなって感じです。もー少し自分の気持ちを抑えて脚本を書いて演出してほしかったです。なんかがっかり感を引きずって帰宅したのでした。お口直しに原作読も~っと。

なお、映画については公式HP
http://www.michael-movie.com/
でチェックしてみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

バルトの楽園 [映画]

昨日・今日とお休みでした。昨日は部屋で一日のほほんと暮らしていたんですが折角のお休みなんで「映画でも見にいこ~!」ってことで近所に最近出来たショッピングモール「アリオ亀有」にあるMOVIX亀有に行って来ました。
とは、テレビニュース速報で神奈川県中南部で「大雨洪水警報発令」って・・・。だんだんこっちに来るのかしらとちと心配ながらも出かけて数分大粒の雨が。慌ててすぐ近くの駅に避難してもやることが無いの駅の構内にあるマッサージに行って時間つぶし&リフレッシュに。マッサージ受けてる間にすっかり雨も止んだのでさぁ出発です。

第一次大戦中徳島県に実在したドイツ人捕虜収容所(当時は俘虜(ふりょ)収容所と呼んでいたらしい)での実話をもとに描かれた作品です。前半、林家正蔵のナレーションが歴史背景をコスティア・ウルマン演じるドイツ人捕虜が母に当てた手紙の内容で捕虜側の不安を伝えるような格好で物語は進んで行きます。
作品的には淡々と進んでいき、僕の感想としては可も無く不可も無くという感じで映画にしなくてもドラマスペシャルでも大丈夫だったのでは?と思ってしまいました。例えば、ドイツ捕虜から見た視点で物語を語っていくとか、逆にその当時の徳島の住民からみた捕虜たちという視点で描いても良かったじゃないかなぁ~って思いました(逆にドキュメンタリー番組にどこかしないかしら?)

ちなみにオリバーブーツ(かつてサッカー東ドイツナショナルチームの一員だったそうな演じる)カルル・バウムという捕虜あの洋菓子メーカーのユーハイムの創始者だそうです。原作本さがそ~っと。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。