So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ただいま開催中!! [音楽]

就職活動にあわわとなっている間に(まだ決まっておりません(泣)以前の日記に書いていた「神戸国際芸術祭」10月3日からはじまりました。

ほんとはもっとこまめに情報をUPしなきゃだったんですが、ちょいととほほな状態だったのでずぼらしてしまいました

またまたずぼらな方法ですが、ホームページから日程とプログラム転載しますです
http://kobemusicfestival.net/index.html

Concert:02
日時・会場10月10日(土) 14時開演
北区民センターすずらんホール(神戸市北区)

プログラム・ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン2台とピアノのための5つの小品

出演 アレクサンダー・シトコヴェツキー(ヴァイオリン)
川田知子(ヴァイオリン)
ダイアナ・ケトラー(ピアノ)


・ストラヴィンスキー:兵士の物語

出演 ヒェン・ハレヴィ(クラリネット)
アレクサンダー・シトコヴェツキー(ヴァイオリン)
ダイアナ・ケトラー(ピアノ)


・ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 (op.19, 1901)

出演 遠藤真理(チェロ)
三浦友理枝(ピアノ)

Concert:03
日時・会場10月12日(月・祝) 18時開演
神戸文化ホール中ホール(神戸市中央区)

プログラム・ゴリホフ:盲イサークの夢と祈り

出演 ヒェン・ハレヴィ(クラリネット)
アレクサンダー・シトコヴェツキー(ヴァイオリン)
川田知子(ヴァイオリン)
ラズヴァン・ポポヴィッチ(ヴィオラ)
ヘーデンボルク・直樹(チェロ)

・弦楽六重奏曲 二短調(op.70)「フィレンツェの思い出」

出演 アレクサンダー・シトコヴェツキー(ヴァイオリン)
川田知子(ヴァイオリン)、
ラズヴァン・ポポヴィッチ(ヴィオラ)
中島悦子(ヴィオラ)、

ヘーデンボルク・直樹(チェロ)
遠藤真理(チェロ)

チケットは両公演とも
一般¥2500(当日¥3000)
学生¥1000(当日¥1500)
ペアチケットもあるようなので(前売りのみ)こちらに問い合わせて下さい。

神戸国際芸術祭運営事務局(078-803-7650)

おっと、ローソンチケットでも販売してます(Lコード54859)


12日のコンサートに先駆けて、そこで演奏されるゴリホフと言う作曲家の曲に取り入れられている東ヨーロッパ発祥のユダヤ人の音楽“クレズマー”(有名どころではドナドナらしい)とクレズマー音楽を愛した、画家シャガールについてのレクチャーを講師に樋上千寿(ひのうえちとし)さんをお招きして、7日(水)18時から神戸文化ホール中ホールで、「神戸国際芸術祭プレレクチャー」と題して行います。こちらは入場無料ですのでお近くの方は是非コンサートの予習に

僕も行きたかったんですが、その日は就職活動で新潟

と、言う事で直前情報でした。

神戸国際芸術祭2009のお知らせ(何年ぶりかの更新です) [音楽]

大変ご無沙汰ですといってもほとんど読者もいなかったんですが(泣)


さてさて、久々の日記更新ですが公演告知でございます。

四年前からお手伝いをしています、神戸国際芸術祭でございます。

神戸国際芸術祭を簡単に説明しますと、4年前から神戸大学の学生さんを中心に、学生と市民による手作り感覚を大切にしている催しで、一部のクラシック愛好家のためだけのコンサート運営を目指すものではなく、広く一般市民に向けて音楽の楽しさ、コンサート会場へ足を運び体験することの喜びを伝えたいという理念に支えられた地域密着型イベントです。毎年テーマを決めてプログラミングしているんですが、 今年は“ロシアの憧れ~マトリョーシュカが聴いた音楽”というテーマでチャイコフスキー、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチなど、ロシア出身やロシアにかかわりのある作曲家による室内楽作品や、映像や照明とのコラボレーションによる、実験的な現代曲の上演も試みるそうです。

芸術祭自体は10月に開催されますが、それに先立って、8月にはチェロの遠藤真理さんとピアノの三浦友理枝さんによるプレコンサートがあったり、6月末からはコンサート・ボランティア・セミナーも開催されます。興味のある方は是非!!

なお、チケットの販売はぴあ、ローソン等では取り扱いはありませんのでご注意を〓

詳細は以下のリンクから〓〓
http://www.kobemusicfestival.net/

と、言う事でイベント告知でした!!

また、動きがありましたら続報を記載していきたいと思います。

くらしき旅行記② [旅]

旅行記の②にいくまでまたまた1ヶ月を経過しちゃいました(汗)。

深夜に倉敷に到着してホテルでの~んびりしようかな~とも思ったんですが。ガイドブックを見ていると、ボランティアガイドによるツアーが一日2回あるそうで、ただふらふらするのも良かったんですが、解説を聞きながら歩くというのもいい物なので、参加する事に決定!!
と、行っても特別に申し込みが必要な訳ではなく出発場所に集合するだけでいいのですが1回目のツアーが9時30分発。2回目がお昼以降になり、午後は児島まで足を伸ばそうと考えていましたので、午前の部に参加する事にしました。朝食を終えてホテルを出発しました。


深夜に着いたので、朝ホテルの外観を取ってみました。アイビースクエアと言うだけあってツタがいっぱいでした。紡績工場を改装してホテルや美術館などが集められています。ホテルを出て少し歩くとなにやら面白い建物を発見。

アンティークショップなのですが、屋根の上には大量のリッパーくんが・・・・。夜見ていたらちょっと怖かったかもです(汗)。リッパーくんたちも売り物なのかしら?
                               

ボランティアガイドの出発点の倉敷市立自然史博物館に到着するともうツアー始まっていました。すぐに受付の人がこの人も参加して良いですか?と聞いてくださりぎりぎりセーフで間に合いました。先客は4名の女性グループの4人組で(20代から50代かな?)横浜からいらしたそうです。博物館で倉敷の大きな地図を観ながら街の概略の説明をうけてさぁツアースタートです。

博物館の前にある大きな通りを渡り公園を抜けて最初に説明を受けたのが大原美術館の分館です。こちらには日本の近代美術が展示されていて1階が岸田劉生の麗子像や梅原龍三郎の作品などなど、地下には現代美術が展示されています。モニターを使った作品や、(おそらく)ダンボールで作られたバイクや巨大な古新聞のオブジェなどなど(見学施設はすべてツアー後に行きました)。その分館の前の芝生の庭園にはヘンリームーアの母子像やイサム・ノグチの彫刻が飾られています。写真はイサム・ノグチの作品で、ボランティアガイドさんの間では
“ロケット”と呼んでいるそうです。

次に案内してくださったのが、工芸・東洋館。こちらは大原家の米倉を改装して、バーナード・リーチ、河井寛次郎などの陶器、棟方志功の版画、染色家の作品が展示された工芸館と、児島虎次郎が収集した東洋の古美術を展示しています。写真はその蔵が囲むように中庭があり、その中庭の回りに小さなお堀があります。そこにはスイレンが植えてあります。本館にもあるモネのスイレンをと同じだそうです。残念ながらまだ花が咲く頃ではなかったのですが、今度来るときには見比べてみたいと思います。

そして、本館前へ到着です。世界の名画や現代美術まで鑑賞することが出来ます。解説のイヤホンガイドを借りたんですがこれ大正解でした。僕的に印象的だったのが、藤田嗣治の作品「舞踏会の前」と言う作品です。別館に展示されているのかな?と思っていましたが日本人作家でただ一人本館に展示されていました。白をベースにした彼の作風が大好きで別の美術館での企画展を観にいったこともあるのですがここでまた再開するとはでした。

写真はギリシャ神殿風の本館に2体展示されているロダンの作品のひとつで「カレーの市民」。14世紀にイギリス軍の攻撃からカレーの街を救ったとされる6人の市民をモデルにしたうちの1体っで、全体の像は上野の西洋美術館にあるそうです。これを観て一番若い(たぶん)女性から素朴な疑問「このブロンズ像は本物なんですか?」との質問。ガイドさんニコニコしながら「本物ですよ。台座を御覧なさい」と見てみるとしっかりロダンのサインが。この銅像を見る前に美術館の裏扉が破られて盗難にあったので、扉を埋めちゃった話しを聞いたので、塀があるとはいえ屋外だから盗まれるんじゃないかと心配になったみたいです。

その後は美観地区やアイビースクエアーの紡績工場後をまわり、蔵や道路の説明。面白かったのが大八車が通る道にはわだちサイズで敷石があるんですが、市役所が一部撤去したところがあって、その後でいろんな人から“何てことを”とお叱りを受けて、慌てて市電で使っていた敷石を埋めたというお話しや、とにかく大原さんが街のためにかなりの投資をしていたり、紡績工場では女工さんを大切にしていたなどなど普通に回るよりもたくさんのお話しが聞けたことが何より楽しかったです。


美観地区の川端です。


大原美術館の外観です。手前の欄干は皇太子時代の昭和天皇が倉敷を訪問される際に、大原さんがお金を出して当時最新式のコンクリート橋に架け替えたそうです。


もと倉敷町役場です。今は観光案内所になっています。手前の橋は船がとおりやすいように太鼓橋状になっています。

う~んやっぱり半日だと物足りなかったです。小樽に行ったときもそう思いましたが、やはりこの街も2日くらいかけてのんびり回るのがいいのでしょうね。後ろ髪を引かれつつ、14時過ぎには児島に移動したのでした。

児島編はいつの更新になるのやら(汗)。




くらしき旅行記① [旅]

3月23日夜から3月24日にかけて倉敷に行って来ました。出発からして波乱含みな旅立ちとなりました・・・。

3月23日仕事を17時に終え19時頃発の岡山便に乗るために路線バスで羽田空港に向かっていると携帯にメールが「出発遅延のお知らせ」のタイトルで始まり機材変更の為、出発が1時間半ほど遅れるとの事。う~ん最初から計画が・・・。実は今の時期倉敷の美観地区ではライトアップがされていて、定刻に出発していれば何とかその時間に間に合うかな~と思っていたですが。まぁそれは仕方が無いとしても、倉敷行きのバスがちゃんと接続してくれるのかが気がかりでした。

空港に到着して搭乗手続きの為カウンターに行き、駄目もとで他社便に変更できないか聞いてみましたがやはり駄目でした。得便割引なので変更できないのです・・・。それと現地交通の状況を聞いておこうと「倉敷行きのバスの接続はあるのでしょうか?」と訪ねるとお調べして搭乗口でお知らせしますとの事。そしてお詫びにと1,000円のクーポンをもらいました。

どうもこう言う状況を楽しめる体質のようで、どこでごはんしようかな~などとのんきに考えておりました。まぁ、プライベートな旅行だし今のところ飛ばないわけでは無いようなので。仕事で向かっている状況だったらいらいら来ていたかもしれませんが。で、結局プラス1,500円追加でKIHATIのバイキングに決定!!

窓際の滑走路の夜景もバッチシな席に案内されて、むさくるしい男子一人とりあえず生ビールをグビリと。酒のあてにもなりおなかにもたまる物中心にパクパクもぐもぐいただきました。で、〆にはスイーツでございます。チョコレートケーキとフルーツカクテルです☆

                 

おなかも落ち着いて予定時間も近づいてきたので、搭乗口に進んでぷらぷらしていると1時間半遅れで搭乗開始。搭乗口あたりでクレームをつけているおじさんが・・・。随分前からクレームつけている感じでも無かったし、どうやら搭乗開始直前にからみ出した感じでした。確かに出発が遅れたのは航空会社のせいだし、文句のひとつも言ってやりたいのは分かるけどタイミング悪すぎという感じです。このおじさんが原因でまた遅れたらどうしようって思っちゃいました(汗)。僕はといえば搭乗口でバスの接続があることを聞いてほっとしておりました。

11時前に倉敷駅に到着。チボチ公園がお迎えしてくれました。反対側にあるホテルアイビースクエアーに向かうのに途中に夜中の美観地区を川沿いに歩いて向かいました。15分ほどで到着してすぐに大浴場へ(なんせ12時まででしたので)。湯船で手足を伸ばしてのんびり出来るって良いですね。さぁ、明日はどこに行きましょうかね?

                  


ゆきまつりの旅その③ [旅]

屋台もたくさん出ていたんですが、ちょっとあったかいところで落ち着いて食べたかったので、架設のお店のスープカレーやさんに。大きめ野菜が入っていて結構食べ応えがありました。オクラやなすびにもちろんジャガイモもごろごろ入っている感じでとってもヘルシーです。

お店のお姉さんが「辛味があんまり入っていないんで、そちらをお好みで入れてください」と赤い粉が入った容器を案内されます。う~ん入れすぎに注意って感じ。と、言うのも僕が入ってすぐに50歳代くらいのおじさんがムスッとしながら店を出て行かれたのですが、かなり残していかれました。チラッと中を覗くとまっ赤っか!!入れすぎちゃったのね~(笑)。僕もそんなに入れていないつもりだったんですが、汗をかきかきはふはふ言いながら完食いたしました。そのあと、も少し食べたいと言う欲求に駆られて屋台群に潜入。ジンギスカンとかも有ったんですがそこまでは食べれないので、エゾシカバーガーをチョイス。同じお店でホットワインも購入いたしました。エゾシカバーガー案外と食べ応えがあり、中に入っていたりんごのスライスの甘味と調和して美味しかったです。ホットワインでさらにあったまりました。ぽかぽかしながらホテルへとその途中でお約束の時計台に。イメージ的に広い敷地にたっていると思っていたので、ビルとビルの間に立っていてびっくりしました。

  

そうそう雪祭り会場でこんなの発見。最終日なので深夜の作業に向けて待機していたんでしょうが、こういうラッピングしたパワーショベルははじめてみました。しかもキリンというのがすごくいいです。

   

その後、ホテルの温泉で札幌の街の夜景を見ながらのんびり。マッサージも受けちゃいました気持ちよかったです~。初体験のさっぽろ雪祭りのを堪能した充実の一日でした。


ゆきまつりの旅その② [旅]

ホテルでいっぷくした後、夜のゆきまつりへ。同じものを見ているはずなのにライトアップされていてぜんぜん雰囲気が違います。テレビ塔もこんなにキレイに光っています。

  

大通り会場の一番テレビ等よりは氷の彫刻がお出迎えしてくれます。雪とはまた違う趣で美しいです。すすきの会場では氷の彫刻があるんですが今回はあまりゆっくり見ることが出来ず残念です。氷の孔雀です。

雪像は企業の大きな雪像と市民の方の雪像が交互に並んでいます。これは日清の雪像で、カップヌードルのCMに出てくる少年です。お昼にはカップヌードルも配っていたみたいです(ちゃんとお湯を入れた状態で)。

こちらは東京ディズニーランド(たぶん)のキャラクター達いっぱいの雪像です。スティッチがメインになっている感じです。

タイの宮殿です。ちょうどイベントをやっていました。雪像の前がステージになっているところが多くあり、お昼は別のところで若手のお笑いの人たちが多数出演しているイベントもありました。そうそう上手く撮れなかったんですが、架設のジャンプ台も設営されていてスノボやスキー競技もやられていました。

彦根城も登場です。彦根市の市制うん十周年か彦根城の築城うん百年かの一環で雪像が作られたようです。

日産のつくった雪像は南極の世界です。南極観測船しらせに犬の太郎・次郎、鯨やペンギンアザラシたちもいます。

ペンギンの群れです。

   

こちらは横たわるアザラシ君たちです。

 このあとさすがにおなかもすいて体も冷えてきたので食事をとることに。次回へ続く(笑)


ゆきまつりの旅その① [旅]

2月12日~14日まで札幌で遊びほうけてきました。と、言うのもJALのマイルがたまっていてそろそろ使わないと期限切れかなと言う感じだったのでせっかくだし雪祭りを見に行ってみようと。その話しを友人にすると「あなたは結構晴れ男だから雪像が崩れるよ」と冷やかされちゃいました。

さてさて、航空券はただでしかもWEBで比較的簡単に希望の便が取れたのですが、ホテルが少々難航しました。と、言うのもJALの予約センターでホテルも安く手配できてしかも宿泊マイルが200マイル入るのでそれで探していたんですが、12日が雪祭りの最終日なので泊まりたいホテルが満席で、しかも12日・13日別のホテルで探してもらったんですがそれもアウト。仕方がないので、マイル数はググッと下がりますが楽天トラベルで探すとお目当てのホテル連泊で取れた上にJALより少し安く手配できました。ちなみに今回のホテルはホテルモントレ札幌エーデルホフという“おされ”なホテルです。男一人で泊まるのはちょっとって感じなんですが温泉つきなので雪祭りで冷えた体をあっためるのには良いかなと(笑)。

12日朝の便で出発して8時過ぎには新千歳空港に到着。今回で2度目なんですがロビー周りが広々としていてほんと落ち着く空港です。ワタクシの中ではこの空港お気に入りの空港です。

  

出発ロビーの上にある喫茶店でしばらくほっこりしていると小腹が空いて来たので到着ロビー近くにある。朝市食堂(だったと思います)で朝粥定食をいただきました。ほかにいくら丼やうに丼もあったんですがちょっと朝からだとヘビーかなと断念。札幌市内へは今回バスで移動しました。JRより若干安いのと、今回宿泊するホテルを経由するのでとりあえず荷物を預けておこうと。

バスが札幌に近づくにつれなぜだか雪が激しくなってきました。予報では小雪の舞う程度と言っていたのに完全にふぶいています。まともに歩くことが出来るのだろうかと少し心配になってきました。ホテルに到着して荷物を預けていざ出発!!吹雪くまではなくなったのですが結構激しく雪がふり少々迷い気味に会場へ。でも雪が邪魔をして雪像があまりよく見えません(泣)。携帯で撮っていたんですが画面がしろーくなってしまって自分でどこを撮っているのか良く分からない状態に(滝汗)。ホテルで画像を確認したら何とか撮れていました。

雪祭り大通り会場の一番端に大正時代に立てられた裁判所を利用した札幌市資料館があったので立ち寄ってみました。

中に入ると大通り公園の案内やボランティアの方々が作った観光コースのリーフレットなどが置いてあり、またもと裁判所らしく裁判員制度の案内コーナーもありました。この建物の裁判をする場所は2箇所ありひとつはそのまま残され見学することが出来ます。 

もう一箇所は札幌出身の漫画家、おおば比呂司さん(赤福もちやほていの缶詰のイラストを描いてらっしゃる方です)の資料室になっていて、おおばさんの作品や生前つくられた飛行機のプラモデルやグッズ売り場があり、ワタクシもいろいろ買い込んでしまいました。

2階は貸しギャラリーになっていて、写真展あり、絵画展あり、また短大の保育課の生徒さんの作品発表の場がありと楽しんでいると音楽が流れてくるのが耳に。そうジャズの無料ライブをやっていたのです。トランペットとキーボードのシンプルな編成で、ジャズナンバーでは無く映画音楽やポピュラーな曲中心に楽しげに演奏しているのがとてもほほえましかったです。

フラッと立ち寄ったわりにずいぶんと長居をし、のんびりほっこり出来、雪で冷えた体を十分休める事が出来ました。いったんホテルへ引き上げ休憩した後、夜の雪祭りに出発です。


一週間たっちゃいましたが [旅]

先週、さっぽろ雪祭りに行って参りました。

かにも食うてきました。

その模様またおいおいアップしていきますです。 


縁起もの [日常]

昨日のメガマックに引き続き、今日の晩御飯も食べ応えのあるものです。帰宅途中の駅前で太巻きを購入(お茶と豆付で380円也)。

節分になるとあたりまえのように関西地方では太巻きを食べるんですが、ここ5年ほど前から全国区になったようで今じゃあコンビにでも予約販売するようになっちゃいました。わが実家の場合は太巻き&おふの入った味噌汁&大き目のいわしを丸々一匹というメニューです。いわしの頭も信心からというあれですたぶんこれも関西地方だけかも(我が家だけ?)それを頭からバリバリ子供のときは食べておりました。今考えると良く食べられたな~と言う感じです。

子供の頃、恵方巻きを食べるとき、まさに恵方を向きながら無言で食べきるとその年、幸が来るという事で無言で夢中になって食べて、沈黙が続くのでつまらなくて横で食べている家族にいろいろ話し掛けて良く「うるさい!!」と叱られたモンです(笑)。

そんなことを思い出しながら、今年は一人寂しく、年々食べる量の増えていく豆とともに恵方巻きをいただきました。


大きいことはいい事? [日常]

今日の晩ごはん何にしようかと悩んだ挙句に食べたものはというと・・・。久々にマクドナルドのハンバーガーを購入。で、売り切れているかな~と思いつつメガマックを買ってみました!!

感想としては・・・・。もう食べなくても良いかな?という感じです。まだビッグマックの方が良いかな?あまり期待はしていなかったんですがやはりバンズがへなへななせいで、中の立派な(笑)具材を支えきれないので、食べている最中にぐにょっと中からはみ出してしまうのです。

同じくらいのボリュームのハンバーガーで言うとベースボールカフェなどで食べたものだと、バンズをどけて、ケチャップをパティにぬってまたバンズをかぶせるんですが、バンズもしっかりしているので一度押さえつけてつぶしてあげないと口に入りません(笑)。でもね、そうすることによって、パティの肉汁が出ていい感じになるんです。

同じ値段を出すなら松屋の豚丼の方が良かったかな~と後悔しているワタクシなのでした。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。